JAはだのトピックス

22.12.23

鉢花50鉢を贈呈

イメージ
高橋市長(左から2人目)に鉢花を贈呈

 JAはだの花き部会鉢物部は1日、秦野市役所で高橋昌和市長に鉢花を贈呈しました。相原一之部長ら3人が、日頃の支援に対する感謝を伝えました。
 相原部長らは、シクラメンやポインセチア、ハボタンなど約50鉢を用意し、高橋市長に手渡しました。その後、栽培状況や出荷先などについて市長に報告。市が物価高騰対策として10月から取り組んでいる、水道料金の半額支援に感謝を伝えました。高橋市長は「市の特産物の一つである鉢花生産を盛んにするため、引き続きできる範囲で必要な支援を進めていきたい」と話しました。鉢花は、市役所のロビーなどに飾られ、市民の目を楽しませていました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる