JAはだのトピックス

22.11.08

支所運営委が花のアレンジ講習開く

イメージ
植え方を指導する冨田さん(右)

 JAはだの南支所運営委員会は10月30日、市立南小学校でフラワーアレンジメント講習会を開きました。同支所管内の組合員ら20人が参加し、ガーデンシクラメンなど冬の花を使って寄せ植えを作りました。
 秦野市平沢で鉢花などを手がける冨田花園の冨田京子さんが、体験に協力しました。冨田さんは用意した花の種類や特徴、寄せ植えの手順を説明。ガーデンシクラメンを高い位置に配置するよう伝えた他、水やりの頻度など手入れ方法をアドバイスしました。
 参加者はビオラやオウゴンカズラなどから5株を選択。冨田さんに土の量や花の配置を教わりながら、一つずつ丁寧に植え付けました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる