JAはだのトピックス

22.10.27

女性部の協力で子育て支援

イメージ
サツマイモ掘りを体験する親子

 JAはだのは14日、子育て支援活動「ままメートクラブ」を開きました。市内在住の未就学児とその親7組15人が参加し、柳川の畑でサツマイモの収穫を体験しました。
 収穫体験は、女性部の熊澤淳子顧問の協力で開催しました。参加者は、熊澤顧問の畑で「鳴門金時」と「べにはるか」の2品種を収穫。親子で協力しながらサツマイモを掘り起こしました。
 同部目的別趣味グループ「オリーブの会」のメンバーも協力。おやつとして「サツマイモの蒸しパン」をレシピと一緒に配った他、サツマイモに含まれる栄養素や、品種ごとに合った調理方法を説明しました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる