JAはだのトピックス

22.08.31

支所運営委が押し花アート教室

イメージ
押し花を配置する参加者ら

 JAはだの大根支所運営委員会は22日、大根支所で押し花アート教室を開きました。組合員らの親睦を目的に昨年初めて開催したところ、多くの参加者から好評を得たため今年も企画しました。組合員ら20人が、さまざまな種類の押し花を使ってはがきサイズのアート作品を作りました。
 押し花作品を数多く手掛ける、支所管内在住の久保寺敬子さんらが講師となりました。参加者は作り方の説明を受けた後「傘」「リース」「満月とうさぎ」の3種類のデザインから好みのものを選択。見本を参考にしながら、パンジーやアジサイ、シロタエギクなど30種類以上の押し花からイメージに合うものを選び、ピンセットなどを使って配置しました。全体のバランスを調整した後、接着シートで全面を覆って完成させました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる