JAはだのトピックス

22.08.18

「うでピー」加工スタート

イメージ
ゆで上がった「うでピー」を選別

 JAはだのは5日、特産品の冷凍ゆでラッカセイ「うでピー」の今年の加工をスタートしました。市内の農家が栽培したラッカセイをさやごとゆでて冷凍したもの。JAはだの農産物直売所「はだのじばさんず」で販売しています。
 「うでピー」は、ラッカセイを塩水に浸した後、大型の圧力釜でゆで上げて急速冷凍し、うま味を閉じ込めます。農家が出荷したラッカセイを新鮮なうちに加工するため、新鮮なラッカセイの豊かな香りがそのまま味わえることが特徴。県の「かながわブランド」や市の「はだのブランド」にも認定され、多くの消費者から毎年人気を集めています。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる