JAはだのトピックス

22.07.07

献血お礼にヒマワリ

イメージ
ヒマワリを手渡す部会員(右)

 JAはだの花き部会は6月24日、JA本所で日本赤十字社にヒマワリ500本を渡しました。県赤十字血液センターの「はなさか献血キャンペーン」のために用意。県内の献血バスや献血ルーム合わせて10カ所で、部会員が丹精して育てたヒマワリが配られました。
 キャンペーンは、(一社)神奈川県園芸協会の協力で、季節ごとに県内の生産者が提供した生花をプレゼントするもの。献血した人に手渡し、感謝を伝えるとともに、県産の花のPRにもつなげています。
 ヒマワリは、同部会の3人が用意。「ありがとう。この花は神奈川県産です」と書かれたシールを貼り、県産の花の認知度向上にも役立てた。同センターが25、26の両日、横浜市や厚木市などで配布しました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる