JAはだのトピックス

22.02.17

柑橘部が剪定講習会

イメージ
剪定箇所を確認する部員ら

 JAはだの果樹部会柑橘(かんきつ)部は9日、同市南矢名と渋沢の果樹園で、温州ミカンの剪定(せんてい)講習会を開きました。剪定技術を向上させ、良質なミカンを生産することが目的。部員の他、県農業技術センターとJA営農販売課の職員合わせて25人が参加しました。
 センター職員が、「大津四号」と「青島温州」の剪定時の注意点を説明。隔年結果しやすい品種であることから、裏作年と表作年で剪定方法を変え、園全体でバランス良く実を成らせることの重要性を伝えました。その後、枝や葉が混み合っている箇所を示し、剪定を実演した他、病害虫防除のポイントなどを解説しました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる