JAはだのトピックス

22.01.13

新成人を花で祝福

イメージ
部会員が会場に飾り付けた花

 JAはだの花き部会は、10日に開かれた「秦野市新成人のつどい」の会場に、部会員が生産する花を飾り付けました。クアーズテック秦野カルチャーホール大ホールのステージに、花台と鉢花を設置。新成人の門出を華やかに祝福しました。
 飾り付けは、同部会の鉢物部とカーネーション部、バラ部から合計7人が参加。シクラメン約60鉢をステージに並べた他、司会台の横には、バラやカーネーション、ストックなどで飾り付けた大型の花台を配置しました。
 式典はオンライン配信も実施したため、花は配信用のカメラにも映るように調整しながら設置。会場に訪れた新成人の他、配信の視聴者の目も楽しませ、秦野産の花を広くPRしました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる