JAはだのトピックス

21.12.28

本町支所運営委が寄せ植え体験

イメージ
色鮮やかな花を使った寄せ植え体験

 JAはだの本町支所運営委員会は18日、同市曽屋の草山花園で花の寄せ植え作り体験を開きました。准組合員やその家族に、農業やJAについて理解を深めてもらおうと実施したもの。同支所管内の組合員ら26人が参加し、同園の花などを使って寄せ植えを作りました。
 同園の草山邦彦委員が、用意した花の種類や特徴、寄せ植えの手順を説明。花の配置や長く楽しむためのこつをアドバイスしました。
 参加者は花の色合いや高低差などのバランスを考え、パンジーやハボタンなどから5種類を選択。草山委員から花の配置を教わりながら、一つずつ丁寧に植え付けました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる