JAはだのトピックス

21.11.26

市長に青パパイヤ贈呈

イメージ
高橋市長(中央)に青パパイヤを贈呈

 JAはだの青パパイヤ研究会が11日、市役所で高橋昌和市長に青パパイヤを贈呈しました。今年から栽培を始めた青パパイヤを一層PRすることが狙い。沼田良雄会長ら4人が8個を手渡し、会結成の報告と産地化へのサポートを依頼しました。
 同会は、栽培技術の向上と会員同士の情報共有を目的に5日に結成。現在は15人の生産者が所属している。結成後初の活動として、より多くの市民へのPRにつなげようと高橋市長への贈呈を決めました。
 高橋市長は定植や収穫の時期を質問した他、鳥獣対策としての効果や収益性などを確認した。会員は、市立鶴巻小学校の学校給食で、青パパイヤが取り入れられることを報告しました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる