JAはだのトピックス

21.11.09

柿の収穫シーズン到来

イメージ
柿を収穫する須藤会長

 秦野市で、柿が収穫シーズンを迎えています。今年は例年以上に甘さが乗り、品質は上々。JAはだの柿研究会の会員らは、消費者に良質な秦野産の柿を届けようと、出荷作業に汗を流しています。
 須藤忠三会長も、作業に励む一人。8aの園で「富有」と「太秋」合計30本を栽培しています。有機肥料を使い、木に必要な栄養が途切れないよう小まめに管理。病害虫の防除などを適期に行い、良質な柿を生産しています。11月末までに2・5tを収穫する見込みで、JAはだの農産物直売所「はだのじばさんず」やJA特産センター渋沢店に出荷している。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる