JAはだのトピックス

21.10.29

秦友会が土壌診断検討会

イメージ
松下顧問(左)から分析結果の説明を受けた

 秦野市農業後継者クラブ「秦友会」は20日、JA本所で同会では初となる土壌診断の分析検討会を開きました。栽培技術の向上につなげるとともに、会員同士の情報交換の場とすることが狙い。会員5人が参加し、JAの松下一興園芸技術顧問から、結果表の見方や土壌改良に関するアドバイスを受けました。
 会員は、はじめに土壌診断提出時の注意点を改めて学習。土を乾燥させてふるいにかけることの他、採土の時期や場所について確認しました。その後、実際の土壌診断結果表をもとに、データの基準値と比べたり、土壌改良に必要な成分について学んだりしました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる