JAはだのトピックス

21.03.08

横野地区で防護ネットを設置

イメージ
協力して進めたネット張り

 秦野市横野の横野上生産組合は2月21日、野生動物による農作物への被害を減らそうと、地区内に鹿やイノシシの防護ネットを張りました。地元農家の他、はだの都市農業支援センターの職員ら23人が参加し、設置作業に汗を流しました。
 農家らは当日、センターが用意したステンレス入りネット約700mや、鉄筋などの資材を使い、作業を進めました。野生動物がネットをくぐらないように、くいを打って補強した他、今後メンテナンスを効率的に進められるよう、人が出入りできる場所(開口部)を作るなど工夫しました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる