JAはだのトピックス

21.10.19

加工用ラッカセイ集荷

イメージ
ラッカセイの品質を確認する生産者ら

 秦野市で、加工原料用ラッカセイの出荷が最盛を迎えています。生産者が出荷用ネットに入れたラッカセイを、JAはだのが庭先集荷。12月10日までに、約8tを集荷する見込みです。
 JAは、土ざやラッカセイを毎年10~12月の3カ月にわたって集荷。庭先で品質を検査し、JA全農かながわの秦野綜合工場に搬入します。ラッカセイは「さや煎り豆」や「塩南京」などに加工され、JA農産物直売所「はだのじばさんず」などで販売。土産物や贈答品などとして、来店者から人気を集めています。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる