JAはだのトピックス

21.09.30

女性部が「骨げんき食」講習会

イメージ
「骨げんき食」料理の作り方を学習

 女性部は15日、本所で「骨げんき食」講習会を開きました。女性は骨粗しょう症になりやすいことから、普段の食事からできる予防方法を知ってもらおうと実施。部員22人が参加しました。
 講習会は、県栄養士会地域活動事業部会の鈴木喜代子氏ら3人を講師として招きました。鈴木氏が「骨粗しょう症予防の食事~骨折り人生サヨウナラ~」と題して講義。骨を作るためには、カルシウムだけでなくタンパク質やビタミンDなどの栄養素も必要となることを伝えました。
 部員は「骨げんき食」の調理を見学。骨を強くする成分が多く含まれている食材を使用したあえ物や肉料理などの作り方を学びました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる