JAはだのトピックス

21.09.28

直売所に十五夜飾り

イメージ
栗原さんが仕上げた十五夜飾り

 JAはだの農産物直売所「はだのじばさんず」に、十五夜飾りがお目見えしました。飾り付けたのは、同店に手作りまんじゅうなどの加工品を出荷する栗原悦子さん。季節感のある店舗づくりに一役買っています。
 栗原さんは、自宅の庭にあるススキやコスモス、ケイトウなど7種類の花や野菜を材料に使用。籠にバランスよく飾り付け、秋を感じさせる十五夜飾りに仕上げ、15日まで店内に飾りました。
 同市では古くから9月15日を十五夜として、ススキやまんじゅうなどを供え、土の恵みを神に感謝する習わしがあります。代々地域で受け継がれてきた伝統を多くの人に知ってもらおうと、栗原さんは毎年飾り付けを続け、伝統文化を伝えています。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる