JAはだのトピックス

21.09.24

ラッカセイ&サツマ収穫を体験

イメージ
ラッカセイを脱粒する参加者

 はだの都市農業支援センターは11日、落花生とサツマイモの収穫体験を開きました。堀山下の髙橋正宏さんの協力で、15組47人が収穫を満喫しました。
 体験は1区画2000円で、早生種の落花生「郷の香」10株と、サツマイモ「紅はるか」5株が収穫できます。自然の中で土に触れる体験ができることに加え、農産物はプロの農家が育てた良質な物ばかり。体験しながら農家と交流し、お薦めの食べ方や保存方法を直接聞くことができるのも、魅力の一つです。
 収穫体験は、参加者自身が農作物を掘って、そのまま持ち帰るので、手間が掛からないのが農家にとってもメリットになっています。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる