JAはだのトピックス

21.08.17

「うでピー」販売スタート

イメージ
ゆでたての「うでピー」を選別

 JAはだのは13日、特産品の冷凍ゆでラッカセイ「うでピー」の今年産の販売を始めました。県の「かながわブランド」や市の「はだのブランド」に認定されている一品で、JA農産物直売所「はだのじばさんず」などで販売しています。
 「うでピー」は、農家が昔から塩ゆでしたラッカセイをおやつとして食べていたことにJAが着目し、1989年に商品化。塩水に浸したラッカセイをさやごと圧力釜でゆで、瞬間冷凍します。濃厚なうま味と豊かな香りが特徴で、30年以上にわたって多くのファンに愛されています。
 原料のラッカセイは、ゆでて食べるのに適した早生種「郷の香」を中心に使っています。今年は26人の生産者が、9月上旬までに7・6tを出荷する見込みです。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる