JAはだのトピックス

21.07.09

「秦野メークイン」出荷

イメージ
秦野メークインの品質を確認する北村さん

 秦野市で、特産のジャガイモ「秦野メークイン」の出荷が始まりました。今年は一部で病害が出たものの、全体的に大玉で品質良く仕上がりました。生産者は、規格を統一して専用の出荷箱に詰め込みました。今年は全体で約4tの出荷を見込んでいます。
 6月28日には、JAはだのやさい部会露地部の部員3人が、JA本所選果場に次々と持ち寄り、今年産の品質を確認しました。
 部員の北村英二さんは「これからも長く続いている市の伝統を守っていく。ぜひ多くの人に良質な秦野メークインを味わってもらいたい」と話しました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる