JAはだのトピックス

21.03.19

生産組合で農機整備講習

イメージ
点検でオイルを交換する組合員

 農機センターは9日、本町地区の入船生産組合を対象に農機整備講習会を開きました。農繁期の前に適正な整備方法を指導し、農作業事故の防止につなげることが目的。センター職員が中心となり、組合員5人が持ち込んだ11台の農業機械を点検しました。
 センター職員は、トラクターや管理機の状態を一台ずつ点検しました。参加した組合員は整備方法を確認しながら、エンジンオイルを交換した他、タイヤの空気圧を調整。農業機械の使い方のこつや保管方法などについても、互いに意見を交わしました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる