JAはだのトピックス

21.02.16

獣害対策に尽力する農家を表彰

イメージ

 はだの都市農業支援センターは9日、JAはだの本所で「捕獲檻実績表彰式」を開きました。野生動物による農産物への被害対策に尽力した農家を表彰するもの。2020年1月から12月の期間に、市内で最もシカやイノシシを捕獲した西田原の近藤信一さんに感謝状と記念品を贈りました。
 表彰を受けた近藤さんは、ニホンジカ1頭、イノシシ9頭の合計10頭を捕獲。市内で最も多く捕獲実績を挙げたことや適切なえさの管理などが高く評価され、今回の受賞となりました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる