JAはだのトピックス

21.02.10

観光イチゴ園を応援

イメージ
職員にイチゴを手渡す農家(右)

 JAはだので、1月27、29日、2月1日の3日間、役職員が市内の観光イチゴ園を管理する農家から、イチゴ合計158箱(1箱約1kg入り)を購入しました。新型コロナウイルス感染症の影響を大きく受けている観光イチゴ園を応援する取り組みです。
 販売当日には、農家がJA本所にイチゴを運び込み、職員が受け取りました。1箱2000円で販売し、また購入したい場合に連絡できるようにと、市内4カ所の観光イチゴ園の連絡先の他、開園状況や量り売りの取り組みなどを記載した紙も一緒に配布しました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる