JAはだのトピックス

21.01.15

女性部役員が清掃活動

イメージ
手分けしてごみを拾う部員

 JAはだの女性部は7日、JA本所周辺を清掃しました。同部が取り組む「くらしと環境の活動」の一環で、2016年から毎年行っているもの。本部役員21人がごみ拾いに励み、地域住民や直売所の来店者に活動をPRしました。
 部員は、「JAはだの女性部」とプリントしたピンク色のジャンパーと、オリジナル手拭いで製作した帽子「さっとカブリーナ」を身に着け、3~4人ごとに分かれて清掃を開始。本所敷地内や外側の歩道に落ちているたばこの吸い殻や空き缶などのごみを拾い集めました。今年は、近接するJAはだの農産物直売所「はだのじばさんず」への来店者が多くなる午前中に実施。より多くの人に同部の活動をPRしました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる