JAはだのトピックス

21.01.12

餅花が小正月彩る

イメージ
「よめっ娘」メンバー手作りの団子飾り

 JAはだの農産物直売所「はだのじばさんず」に8日、出荷者手作りの団子飾りがお目見えしました。地場産の米粉で作ったカラフルな餅花が店内を彩っています。飾りは15日まで展示する予定です。
 飾りを作ったのは、加工品出荷グループ「よめっ娘」のメンバー。石臼の土台の上にコナラの枝を立て、赤や黄、青など色とりどりの団子約500個を飾り付けました。土台には、干支(えと)の牛の他、ダイコンやキャベツなどの野菜をかたどった飾りも展示しました。
 同店は、団子飾りの近くに地場産の米粉を陳列し、伝統行事をPRしています。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる