JAはだのトピックス

20.10.27

パル生協と連携しフードドライブ

イメージ
集まった食品を手渡す女性部員

 JAはだの女性部は、生活協同組合パルシステム神奈川と連携し、フードドライブ(食品の寄付)を行いました。持続可能な開発目標(SDGs)へ協同で取り組もうと実施したもの。集まった食品は、フードバンクかながわを通して食べ物に困窮している家庭や子ども食堂、母子生活支援施設などに寄贈されます。
 食品は、組合員や女性部員がJAの各支所・支店の窓口などに持ち寄ったもの。女性部の支部会やJAの広報紙で周知して集めました。15日には、熊澤淳子部長と本部役員が、米やレトルト食品、缶詰など各支所・支店などで集まった食品357点をパルシステムの職員に手渡しました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる