JAはだのトピックス

20.10.06

メール活用し掘り取り観光PR

イメージ
ラッカセイの収穫をする来園者

 はだの都市農業支援センターは「はだの農業満喫CLUB」の会員に、市内の農家が開く掘り取り園の情報をメールで発信し、収穫体験の場を提供しました。コロナ禍で例年通りの収穫イベントが開催できない中、会員にラッカセイやサツマイモの収穫を楽しんでもらう機会を用意するとともに、掘り取り園を営む農家のサポートにもつなげました。
 センターは今年、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、同CLUBのイベントを4月から中止。会員からは「毎年楽しみにしていたので残念」という声が届いていました。そこで、同CLUBのイベントなどを案内するメールシステムを使って、市内の農家が営む掘り取り園の開園状況を周知しました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる