JAはだのトピックス

20.06.25

ブルーベリーの季節到来

イメージ
ブルーベリーの生育状況を確認する安味会長

 秦野市でブルーベリーの収穫が始まりました。JAはだのブルーベリー研究会の会員は、収穫や出荷の作業に励むとともに、今シーズンの摘み取り園の開園に向けて準備を開始。今年は天候に恵まれ、大粒で甘さが乗ったブルーベリーに仕上がっています。
 安味孝明会長は、約20aの畑でハイブッシュ系とラビットアイ系のブルーベリー合計250本を栽培。農薬を使わずに栽培することで安全・安心なブルーベリーの生産を心掛けています。出荷作業の他、現在は7月中旬の開園に向けた準備を進めています。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる