JAはだのトピックス

20.01.23

キウイフルーツ出荷本番

イメージ
キウイフルーツの貯蔵状態を確認

 果樹部会キウイフルーツ部の部員が生産する「ヘイワード」が、出荷本番を迎えました。今年は台風の影響を受けたものの、全体的に大玉で甘さのある果実に仕上がりました。じばさんずで販売している他、青森県と横浜市の市場に3月中旬まで出荷する予定です。
 同部は、昨年11月から「ヘイワード」約17㌧をJAの冷蔵貯蔵庫で保管。出荷時期をずらすことで、ニュージーランドなどからの輸入品との競合を避けて有利販売につなげています。
 今シーズンは昨年12月から出荷を始め、これまでに約2㌧以上出荷しています。20日には同部の役員ら17人が、本所選果場で貯蔵状態を点検。手作業で、軟化し過ぎた果実などを一つ一つ取り除きました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる