JAはだのトピックス

20.01.16

山口組合長と高橋市長に葉ニンニク贈呈

イメージ
山口組合長(右から3人目)と高橋市長(中央)に葉ニンニクを贈呈

 JAはだの葉ニンニク研究会は14日、本所で山口政雄組合長と高橋昌和市長に葉ニンニクを贈呈しました。産地化を進めている葉ニンニクの一層のPRにつなげる狙い。諸星一雄会長ら7人が、合計100袋(1袋100g入り)を贈呈しました。
 会員は山口組合長らに葉ニンニクを手渡し、有害獣への忌避効果が見込める作物として2015年に市内での栽培を始めたことや、品質が年々向上してきたことなどを伝えました。さらに、出荷時期やお薦めの食べ方の他、料理の食材として秦野産の葉ニンニクを使っている飲食店などについても情報を共有しました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる