JAはだのトピックス

19.12.06

青年部が花の寄せ植え配布

イメージ
園児と交流を深める髙橋委員長

 青年部は2日、市内の保育園や幼稚園、JAの各支所・支店など35カ所に、部員が育てた花を寄せ植えしたプランターを贈りました。同部の「花いっぱい運動」の一環で、地場産の花や部の活動をPRしようと毎年取り組んでいます。
 部員8人が、パンジーとガーデンシクラメンを寄せ植えしたプランター150鉢を、手分けして市内各所に配布しました。市立本町幼稚園を訪れた髙橋浩一委員長は、用意したプランターを園児に手渡し、世話の仕方などを伝えながら交流を深めました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる