JAはだのトピックス

19.10.08

「サツマイモ農園オーナー」で収穫体験

イメージ
サツマイモを収穫するオーナー家族

 はだの都市農業支援センターは5日、堀山下で「サツマイモ農園オーナー」を開きました。家族連れら72組約250人のオーナーが参加し、サツマイモの収穫を体験しました。
 同イベントは、区画のオーナーとなった参加者が、植え付けから収穫まで一連の流れを体験できる「農園オーナー制度」の一環です。園主の農家が日頃の栽培管理を進めるため、品質の良いサツマイモが収穫できるとあって毎年多くの家族連れでにぎわう人気の企画となっています。
 オーナー家族らは、5月に苗を植え付けた自身の区画でサツマイモを掘り起こしました。参加した子どもからは「掘るとたくさん出てくる」「大きいのが取れた」と笑顔があふれました。
 
 

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる