JAはだのトピックス

19.09.13

やさい部会露地部が視察研修会開催

イメージ
清水社長(左)から説明を受ける部員

 JAはだのやさい部会露地部の部員ら13人は10日、JGAP(日本版農業生産工程管理)の認証を受けている開成町の(株)なんかいファームを視察しました。GAPについて知識を深め、より安全・安心な野菜づくりにつなげることが狙いです。
 部員らは、農薬や肥料などを管理する倉庫と衛生管理を徹底している作業場を見学。農薬や肥料は使い切って管理しやすいようにしていることなど、日頃の業務で工夫している点を確認し、GAPについて知識を深めました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる