JAはだのトピックス

19.06.25

親子でジャガイモ収穫

イメージ
ジャガイモを収穫した子どもたち

 JAはだの青年部は23日、堀山下の畑で「親子でジャガイモ収穫体験」を開きました。観光農業の振興を目的に取り組む体験型イベント「ユースマルシェ」の一環。市内の家族連れ32組97人が参加し、ジャガイモの掘り取りを体験しました。
 参加者は、部員から収穫方法の説明を受けた後、「メークイン」と「キタアカリ」を6株ずつ収穫。今年のジャガイモの作柄などについて部員と会話しながら、交流を深めました。
 その後、部員は、自ら育てたトマトやキュウリなど6品目を対面販売し、新鮮な地場産農産物をPRしました。
 
 

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる