JAはだのトピックス

19.02.28

地域農業振興大会を開催

イメージ
参加者全員で大会宣言を採択

 JAはだのは26日、JA本所で第9回地域農業振興大会を開きました。生産組合長や農産物直売所「はだのじばさんず」出荷者ら112人が参加しました。
 同大会は毎年、JAが生産拡大に力を入れている農作物や管内の農家の先進的な取り組みなど、身近な事例を参加者に紹介しています。同市平沢の体験型農園「名水湧く湧く(わくわく)農園」園主の和田礼子さんが、開園までの流れやJAの具体的な支援内容などを発表しました。
 参加者は、JAが農家の所得向上のために策定した第三次地域農業振興計画の実現に向け、大会宣言を採択しました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる