JAはだのトピックス

19.02.08

講座閉講式で83人が巣立つ

イメージ
山口組合長から修了証を受け取る受講者

 JAはだのが組合員教育事業の一環として開く協同組合講座が5日、今年度の閉講式を迎えました。同講座は、協同組合の理念や地域の農業などについて学ぶことで、広い視野に立った組織リーダーを育成することを目的に毎年開催しています。今年度は83人が修了しました。
 同講座は、准組合員を対象とした「組合員基礎講座」、農政や生活文化について幅広く学ぶ「組合員講座」、2年間にわたるカリキュラムでJAや農業などについて、さらに深く学ぶ「専修講座」を段階的に受講できるものです。
 式では、山口政雄組合長が修了証を授与した他、専修講座修了者の加藤敏雄さんと国外農業視察団の団長を務めた安味孝明さんが、それぞれの体験を発表しました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる