JAはだのトピックス

19.02.05

農業塾が閉講式迎える

イメージ
同塾での学習成果を発表する足立さん

 はだの都市農業支援センターは2日、JAはだの本所で「はだの市民農業塾」の閉講式を開きました。「農」の担い手育成事業として、昨年3月に開講したもの。今年度は27人が修了し、新たな「農」の担い手としての第一歩を歩み始めました。
 JAの山口政雄組合長が修了生を激励し、修了認定書を手渡しました。その他、市農業委員会の宮村俊男会長や同塾の講師、新規就農コースの研修に協力した農家もエールを送りました。
 修了生の足立真弘さんは「恵まれた環境で農業を学ぶことができたし、さまざまな人とのつながりができたこともうれしく思う。塾での経験を生かしてこれからも頑張っていきたい」と意気込みを語りました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる