JAはだのトピックス

18.11.19

農業まつり盛大に

イメージ
JAキャラクターと触れ合う子どもたち

 JAはだのは17、18の両日、本所で農業まつりを開きました。市内外から約2万9000人が来場し、会場は盛り上がりを見せました。
 オープニングセレモニーには、来賓として高橋昌和市長や牧島かれん衆議院議員、久保寺邦夫、神倉寛明両県議会議員らが出席。JAオリジナルキャラクター「やえのちゃん」「ぴーなマン」と共に、まつりの開催を盛大に祝いました。
 会場には業種別部会の他、女性部や青年部などの模擬店が軒を連ね、秦野産の農産物や加工品などを販売。本所3階では市内の小・中学生、高校生と近隣のアジア諸国の書道・図画・作文などを展示した他、今年は初めてJAキャラクターの撮影会も設け、多くの家族連れでにぎわいました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる