JAはだのトピックス

18.09.25

秦野に「洋ナシ」あり

イメージ
西洋梨の収穫に励む横溝さん

 秦野市落合の横溝慶一さんが生産する完熟の西洋梨が、JAはだの農産物直売所「はだのじばさんず」などで人気を集めています。21日に今年産の出荷を始めてから、連日完売が続いています。
 西洋梨は1カ月ほどの追熟期間がとても重要で、横溝さんは試行錯誤を繰り返しながら冷房と換気機能が付いた保冷庫を作りました。結果、痛みがない完熟の梨を出荷できるようになりました。
 一般的に食べ頃を見極めるのが難しい西洋梨ですが、横溝さんの梨はすでに糖度が高く好みの硬さで食べるだけの状態。そのため、購入者からは「熟しているので実が柔らかく、味が濃厚でおいしい」と高い評価を得ています。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる