JAはだのトピックス

18.07.31

甘いブルーベリーPR

イメージ
試食を勧めておいしさをPRする会員

 JAはだのブルーベリー研究会は31日、JA農産物直売所「はだのじばさんず」でブルーベリーの試食販売会を開きました。会員の代表4人が、品質の良さを来店者に直接PRしました。
 販売したのはラビットアイ系ブルーベリー。今年は降雨が少なく気温の高い日が続いたことで、例年より1週間以上早く収穫がスタート。粒ぞろいが良く糖度の高いものが収穫できました。試食会では、来店者に4~5粒を手渡し「ブルーベリーは粒ごとに酸味と甘みが異なり、一度に数粒食べることでバランス良く味わえる」と説明。試食した来店者からは「こんなに甘いと思わなかった」などと声が上がりました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる