JAはだのトピックス

18.05.10

農家の指導で園児が植え付け

イメージ
大庭さんに植え付け方を教わる園児

 秦野市立みなみがおか幼稚園の園児38人は8日、地元農家の大庭正敏さんの指導の下、夏野菜の植え付けを体験しました。同園では野菜作りを通して食や農への関心を高めてもらおうと、長年にわたって農業体験を取り入れています。
 園児は牛ふん堆肥を混ぜた土をプランターに入れ、苗を丁寧に植え付けました。作業の後は、水やりなどの栽培管理について説明を受けました。今後も定期的に大庭さんのサポートを受けながら野菜作りを進めていきます。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる