JAはだのトピックス

19.09.04

ブルーベリー園を園児に無料開放

イメージ
摘み取りをサポートする安味会長

 JAはだのブルーベリー研究会の会員らは8月27日、安味孝明会長が営む横野のブルーベリー園を地域の保育園児に無料開放しました。地域の子どもたちに食や農への関心を高めてもらおうと、はだの都市農業支援センターと連携し、初めて実施しました。
 訪れたのは、私立西湘秦野保育園と私立山辺保育園の園児合計24人。会員からブルーベリーの摘み取り方法などを教わった後、ラビットアイ系のブルーベリーを味わい、土産として持ち帰りました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる