JAはだのトピックス

19.08.22

今年も「うでピー」販売開始

イメージ
今年も販売が始まった特産の「うでピー」

 JAはだのが生産する秦野市の特産品、冷凍ゆで落花生「うでピー」の販売が今年も始まりました。濃厚な味わいと豊かな香りが特徴で、酒のつまみや土産などとして毎年人気の一品です。じばさんずで、250㌘入り500円(税込み)で販売しています。
 県内1位の落花生の生産量を誇る同市では、昔から農家が、おやつ代わりに塩ゆでした落花生を食べていました。JAは、その食文化に着目し「うでピー」として1989年に商品化しました。今では県の「かながわブランド」の認定を受けるなど、多くの消費者から親しまれています。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる