JAはだのトピックス

19.04.24

園芸協会が「春まつり」を開催

イメージ
地場産のカーネーションを手渡す農家

 秦野市園芸協会は20、21の両日、本所敷地内で「春まつり」を開きました。市内外から合計約1万人が来場し、にぎわいを見せました。
 会場には農家が出荷する野菜や果物の他、野菜苗や花苗などもずらりと並びました。農家による園芸相談コーナーでは来場者からの「野菜苗の上手な植え方を教えてほしい」などの質問に答えていました。
 花き部会カーネーション部は「母の日」に向けたPR活動として、色鮮やかな地場産カーネーションを無料で配布しました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる