JAはだのトピックス

19.04.16

タケノコ収穫体験が人気

イメージ
タケノコを掘る参加者

 はだの都市農業支援センターは13日、同市東田原の竹林で、タケノコの収穫体験を開きました。地元農家と連携して、7年前から毎年開いているもの。県内外から58人が参加し、合計65.6kgのタケノコを収穫しました。
 参加者は、竹林を管理する大津俊彦さんに収穫の手順を教わった後、地面から芽を出しているタケノコを探し、家族で協力して掘り起こしました。大津さんや地元農家ら4人が、参加者に掘り方をアドバイスしたりタケノコの根元をくわで切ったりと、参加者の体験をサポートしました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる