JAはだのトピックス

19.02.19

セミナーで節税方法など指導

イメージ
相続対策の重要性や節税方法を学んだ

 JAはだの資産運用部会と税務研究会は16日、JA本所で資産管理セミナーを開きました。税務に関する知識を深め、適切な資産の管理方法を学ぶことが狙い。両組織から62人が出席しました。
 セミナーでは、税理士法人オフィスオハナの吉野麻季副所長が講師を務め「女性から見た相続税の話-相続って1回じゃない-」と題して講演しました。二次相続までを想定した相続対策の重要性を説明した後、相続税と基礎控除の関係についても説明。生命共済の非課税限度額を活用した節税方法も指導しました。家族内の貯金についても、個人の財産として管理していくことの必要性を示し「元気なうちから相続対策を進めてほしい」と呼び掛けました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる