JAはだのトピックス

18.10.04

女性部運動会で交流深める

イメージ
玉入れに挑む子どもたち

 女性部は3日、秦野市カルチャーパーク陸上競技場で第38回女性部運動会を開きました。今年は次世代との交流も図ろうと秦野市内の未就学児とその親にも声を掛け、6組13人の親子が参加しました。
 運動会は綱引きや障害物リレーなど得点競技が7つ、その他が10種目で構成し、部員は得点競技に息を合わせて挑みました。親子は、得点に関係ないパン食い競争や風車競争などの種目に参加。玉入れでは、低めに設定したかごに子どもたちが一生懸命投げ入れました。観戦する部員らからは「かわいい」「頑張る姿に元気をもらえる」と笑顔がこぼれました。支部対抗障害物リレーには、支所長も参戦し、会場を盛り上げました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる