JAはだのトピックス

18.09.25

たばこ祭に農家の手作り料理並ぶ

イメージ
祭り会場で手作りの地場産料理をPR

 秦野市で農産加工品を製造するグループや農家らが22、23の両日、「秦野たばこ祭」の会場で地場産野菜をふんだんに使った手料理を販売しました。「秦野の農村レストラン」の名で出店し、同市の食文化や農産加工品のおいしさをPRしました。
 メニューには、かき揚げやフライドポテト、赤飯など7品を用意しました。販売には、東海大学の学生がボランティアとして協力。合言葉「うちほぉのうめぇもん 食ってってけぇろ」をプリントしたそろいのエプロンを身に着け、来場者に地産地消を呼び掛けました。
 購入者からは「旬の野菜を使った手作り料理が味わえる」と好評でした。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる