JAはだのトピックス

18.09.18

組合員タイ訪れ農協視察

イメージ
現地の学校と作品を交換

 JAはだのは8~12の5日間、組合員教育事業の一環として、組合員で構成する視察団をタイに派遣しました。国際的視野に立った組織リーダーの育成を目的としたもので、各地区から14人が参加。同国の農協をはじめとする農業関係機関などを訪れ、見聞を深めました。
 ペップリ県にあるバンラート農協とカオヨイ農協では、両農協の事業概要や農協が抱える課題などについて説明を受けた他、管内の米農家の水田を訪れ、生産者と意見を交換しました。
 図画や書画を通じて交流が盛んなワットノンケイ学校とワットノンプロン学校も訪問。交流をより深めるために日本から持ち寄った作品と同校の生徒の絵画を交換しました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる