JAはだのトピックス

18.07.25

市長にブルーベリー贈る

イメージ
会員からブルーベリーを受け取る高橋市長

 JAはだのブルーベリー研究会は25日、秦野市役所で高橋昌和市長にブルーベリーを贈りました。安味孝明会長ら役員4人が訪問。日頃の支援に対する感謝を伝えた他、秦野産のPRを要望しました。
 今回贈ったのは、ラビットアイ系のブルーベリー20パック(1パック200g)。安味会長が「秦野のブルーベリーのおいしさを広めていきたいので、今後も協力をお願いしたい」とあいさつ。その後、両者はブルーベリーの栽培方法や食農教育への活用などについて活発に意見を交換しました。
 高橋市長は「秦野がブルーベリーの里になるよう、市としてもバックアップしていきたい」と継続的な支援を約束しました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる