JAはだのトピックス

18.07.26

農業経営士が新規就農者にエール

イメージ
山口会長から記念品を受け取る新規就農者

 秦野市農業経営士会は25日、JA本所で「新規就農者を励ます集い」を開きました。県や市、JAなどから22人が出席し、今年度新たに就農した2人にエールを送りました。
 就農したのは、露地野菜を栽培する同市下大槻の原卓司さんと同市今泉の北村朋大さん。集いでは今回を含め、これまでに95人の新規就農者を激励しています。
 同会の山口勇会長が「新規就農者は秦野の農業の宝。会としてサポートしていくので、2人には自分の目標とする農業をしっかりと構築していってほしい」と呼び掛け、記念品を贈呈しました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる